GENKING使いにくいタレントNO.1?でも本当はイイ奴?オネエキャラのイケメン画像流出!

オネエやジェンダーレスの人が活躍していますね!

昔は自分の気持ちをひた隠しにするのが当たり前だったのですが、最近はオープンにしている人が非常に多くなりました。




先日はジェンダーレスの成人式も執り行われたみたいですね☆

自由ですし楽しく自分らしく生きて行くにはとても良いと思います(^^)/

この方はオネエになるのかな‥!?

前ほどテレビに出演していないような気がします。

今回はGENKINGさんの事を詳しく調べてみましたので、ぜひご覧ください。

  • プロフィール
  • GENKING使いにくいタレントNO.1?
  • でも本当はイイ奴?
  • オネエキャラのイケメン画像流出!

プロフィール

名前 GENKING

本名 田中 元輝(たなか げんき)

生年月日 非公開でしたが生まれ年は1985年

出身地 大分県(生まれ)、愛知県 豊橋市(育ち)

身長 176cm

体重 54kg

血液型 A型

所属事務所 株式会社ベンヌ

GENKINGさんの略歴は・・・

2013年、男性のパートナーと暮らし、専業主婦をしていた際に暇を持て余し始めたInstagramで注目されるようになる。いくつかの芸能事務所からオファーを貰うが、自分の店を持つという夢があった為、最初は断っていた。友人に紹介された雑誌の編集長の依頼で、その雑誌に3号連続で特集が組まれたことがきっかけで、2014年12月にベンヌに所属した。

2015年、「や〜よ」の決め台詞でブレイクし、1年間で200本を超える番組に出演。しかし、人見知りの性格とトーク力の無さで悩み、結果を残せず苦悩するようになる。更に視聴者からの批判でますますストレスを感じるようになった。この頃の休みなしで働いており1日の平均睡眠時間は3時間、過度のストレスが原因で突発性難聴、体中の蕁麻疹、頭から顔までの皮膚がただれるなど体に不調をきたしていた。また、SNS上で華やかな生活を演じるために、高価な物を購入して、最大1000万円の借金を抱えるなど、経済的にも問題を抱えていた。それに追い打ちをかけるようにテレビ番組への出演依頼が激減。明るくハイテンションなキャラクターのりゅうちぇるがブレイクしていくのを目の当たりにし、バラエティタレントとしての可能性に限界を感じる。それから以前から興味があった美容分野に足を踏み入れることを決意し、勉強を重ね、現在は、美容家として本格的に活動している。

2015年は本当にすごかったですよね!




テレビつければGENKINGさん!って感じでしたもん^^

疾風のように現れて、疾風のように去って行く

お笑い芸人で言えば一発屋並みにあれだけすごい出演していたのがパッタリめっきり出なくなったなーなんて軽く思っていましたが裏ではストレスで体調を崩してとても大変だったみたいですね‥

かわいそうに‥

現在はテレビはほどほどに美容家として活躍されているみたいですね(^^)/




GENKING使いにくいタレントNO.1?

オネエと言えばみなさん誰が頭に浮かびますか?

ま、元祖はカルーセル麻紀さんでしょうか?^^

はるな愛さん、マツコさん、ミッツさん、IKKOさん‥

他にもたくさんいますね!

GENKINGさんもこの中に‥と思うのですが、どうやらオネエ」扱いされたくないと言う発言をしたようですね。

GENKINGは自身を「ユニセックス」だと述べており、「平成の美輪明宏」を目指している。また、彼はオネエやオカマと呼ばれることを嫌悪しており、「ニューキャマタン」(”ニューカマー”とオカマが訛った”おキャマ”を組み合わせた彼の造語)と自称している。

自分なりの名称がある‥んですね。

それが影響してか使いにくいと言われてしまっているようです。

確かにオネエじゃないです!ニューキャマタンです!」って言われると使いにくいと言えば使いにくいですね。




こんなサイトさんを見付けたのでお借りしますm(__)m

GENKING 使いにくいタレントNO.1?

オネエの先輩方から「オネエじゃないって‥オネエじゃないのよっ!」って声が聞こえて来そうです。

あとは「平成の美輪明宏」発言ですかね。

美輪明宏さんてもう神様みたいな人ですよね‥

それを最近出てきたばかりの人が「平成の美輪明宏」って言っちゃー(;゚Д゚)

これで敵をいっぱい作った気がするなぁ‥

共演NGとか関係してなかなか番組に出演オファーも出せない=使いにくいとなってしまうのかも知れませんね。

でもこれが原因で最近テレビに出演していないわけではないと思います(^^)/

その理由は下記↓↓に続きます(^_-)-☆

次ページ「でも本当はイイ奴?」




次ページ「でも本当はイイ奴?」へ!