大堀恵 出産の苦労話と帝王切開の危険について!大堀恵、代理ミュンヒハウゼン症候群?貧乏生活から夫のおかげで勝ち組へ?

元AKBで、ママタレの大堀恵に注目してみました!




今回大堀恵について

下記にラインナップでご紹介します!

  • 苦労の末の出会い!
  • もしかして病気なの?
  • 毎日29円生活!?
  • 夫のおかげで勝ち組に?

プロフィール

まずは、大堀恵について軽くご紹介します!

 

 

名前:大堀恵(おおほり・めぐみ)

旧芸名:松嶋めぐみ

本名:金沢恵(かなざわ・めぐみ)

生年月日:1983年8月25日33歳

出身:千葉県山武郡大綱白里町(現在、大綱白里市)

血液型:A型

身長:158センチ

活動:2000年~2005年12月、2006年4月1日(AKBデビュー)

ジャンル:歌手、タレント




出産の苦労話と帝王切開の危険について!

家庭科教師の免許を持っていたり、とても家庭的な女性の大堀恵は、AKB卒業生の中で結婚者第一号です。

そんな、大堀恵は2013年に結婚し、翌年の2014年に第一子の女の子を出産したが、その出産が大変な難産だったといいます。

本当に大変だった出産だったみたいで、破水してから48時間もの時間を経てのお産になった。通常なら、破水してから出産するまで初産で平均で15時間ぐらいですが、大堀恵が48時間もかかっそうです。その理由は、微弱陣痛だったからだそうです。

私は、完全に陣痛来るまでが4~5時間でしたが、それでもつらかったのに、48時間と思うと耐えられる自信がありません、、、。ってゆうか、そこまで長くなる前に帝王切開に踏み切ってますね私なら。

そして最終的には、陣痛が長引くとなると、子供にも母体にも負担かかりますので、帝王切開に踏み切り無事に女の子を出産したようです。赤ちゃんも大堀恵も、すごい苦しんでたえた末に出会いきっとたとえることができないぐらいの感動したことでしょうね。

私も、出産したときにもう陣痛なんて味わいたくないとか、今すぐにでもおなか切って亜母ちゃん取り出してくれないかなとかいろいろ考えましたが、いざ普通分娩で取り上げられたときにがんばってよかったな、親のありがたみや周りのひとの暖かさを感じ、とても感動したのを覚えてます、、、。




現在では、2人目の妊活を始めているらしく、一人目出産した際に医者に一年以上かけてくださいねといわれたそうです。

理由は、帝王切開で出産し次また短い期間で妊娠してしまうと、子宮が破裂してしまうからです。

次ページ「大堀恵、代理ミュンヒハウゼン症候群という噂?」




次ページ「大堀恵、代理ミュンヒハウゼン症候群という噂?」へ!